検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

ショッピングガイド


商品コード:
11524~11526

サビナイフ8 MAKIRI SPORTS (マキリスポーツ) 直刃

通常価格(税込):
11,664
販売価格(税込):
9,331
関連カテゴリ:
G・SAKAI(ジー・サカイ)
ブレード鋼材分類 > H-1 (錆びに非常に強く海での使用に最適)
ハンドル材分類 > FRN(ガラス繊維強化ナイロン)
釣り用
キャンプ・登山・アウトドア用
ハンティング用ナイフ
G・SAKAI(ジー・サカイ) > 【錆びに強くて切れる】サビナイフシリーズ【釣りの必需品】
サビナイフ8 マキリがFRN(ガラス繊維強化ナイロン)ハンドルバージョン3色で新登場!
錆に非常に強い鋼材H-1を使用したブレードで釣りにハンティングに、キャンプに様々な場面で大活躍間違いないです。

H-1ブレードを海水と同程度(3.5‰)の塩水に浸し、1本はそのまま水中で1週間放置し、もう1本は24時間塩水に浸した後、空気中に1週間晒して錆の有無を確認したところ、両方のブレードで錆びは見られませんでした。

使用しているネジも18-8ステンレス材を使用していますので錆びに非常に強いです(H-1鋼材よりは錆びに弱くいです)。
  • サビナイフハンドル色:
数量:

詳細

ブレード材:H-1  
刃形状:直刃 
ハンドル材:FRN(ガラス繊維強化ナイロン)(ブラック、イエロー、朱)ネジ:18-8ステンレス
全長:258mm ブレード長:130mm 重量: 230g(本体150g ,ケース80g)刃厚:2.5mm

★使用条件等によりマーキング部分が茶色く変色する場合がありますが気になる場合は布で強く拭いたり、スポンジで水洗いをしてください。

注意:ケースに収納するときはカチッと音がするまでブレードを置くまで差し込んでください。

コアロックベルトクリップについて

ケースの角度が自由に調整できるクリップです。
角度調整は、ベルトホルダーをつまんで開いて、センターネジをプラスドライバーでゆるめ、クリップを回して角度を調整してください。
角度が決定したら緩めたネジをしっかり締めて固定してください。
また、ベルトの位置もケースの4個の穴を利用して調整してください。
ベルトの幅は38mmまで使用可能です。

錆びに非常に強いH-1ブレード使用


100日間塩水で錆びなかった実験はこちら

(実験は100%錆びないことを保証するものではありません。使用条件や化学物質の付着等により錆びることもあります。)

活け締めでうま味成分が増幅した美味しいお刺身がご家庭で食べられる

海釣りの醍醐味といえばなんといっても新鮮な魚が食べられること!

しかしながら活け締めをしないと、魚が暴れたりして乳酸がたまったり、エネルギーを消費したりストレスを与え、うま味成分も減っていきます。活け締めをした場合はそのようなことがないので鮮度も保たれ、味も良くなります。そして実は釣ってその場で食べるより活け締めをしてご家庭で食べたほうがおいしく食べれるんです!

詳しくはこちら

公式ブログ:魚の熟成について



活け締めというのは死後硬直後の腐るまでの猶予期間を延ばすことで旨味成分を増やす熟成期間を伸ばすために行うものです。活け占めをしなかったら魚の活動で旨味も消費されるし、内臓や血液にはタンパク質分解酵素が含まれているので熟成による旨味の増加の前に魚が腐敗してしまうのです。

サビナイフ9 SHARK-RAY シャークレイを使って活け締めを行うことで、ご家庭でも美味しいお刺身を味わうことができます!活け締めをした魚は手間がかかるため市場で高く取引され、高級料理店などに卸されます。
 シャークレイを使って釣ってすぐに活け締めを行うことでワンランク上の魚料理がご家庭で楽しめます!家族の皆様もご家庭でおいしいお魚を食べれてにっこり!家庭に笑顔を届けるサビナイフシリーズ!
ぜひシャークレイをセットで購入をお勧め致します!


公式ブログ:活け締め方法

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 良い物

    2016/04/29 投稿者:購入者 おすすめレベル:★★★★★

    サビナイフシリーズは以前から愛用しています。
    このモデルは独特のデザインに惹かれて購入しました。
    写真で見ると華奢なイメージがありますが、実物はかなりガッシリしていて意外とマッシブです。

    ストレートのハンドルは好き嫌いが有るでしょうが、和式テイストのシルエットで「マキリ」という名にとても合っていると思います。

    錆びに対する強さはもはや述べるまでもありませんね。
    硬すぎる鋼材はあまり好きではないので、H-1の特性は個人的にはストライクです。