検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

ショッピングガイド


商品コード:
10813

クッキングATS 三徳包丁

通常価格(税込):
14,040
販売価格(税込):
11,232
関連カテゴリ:
G・SAKAI(ジー・サカイ)
包丁
ハンドル材分類 > マイカルタ
ブレード鋼材分類 > ATS-34
SAKAIシェフナイフは高性能の包丁です。サイズは3タイプ。牛刀と三徳、ペティ。
ブレード材は超硬質鋼のATS-34を使用していて、硬度はHRC60-61と最高の数値で設定されています。刃持ちが良く、また切れ味は抜群、しかも錆に強い特徴を有します。刃の研ぎ直しが苦手な主婦には大助かりの包丁です。ハンドルは手に心地良く、しっかりとした握りを約束するマイカルタ。料理が楽しくなる包丁です。(名入れ可無料)


名入れ(アルファベット、ゴシック体のみ可能)


英大小文字10字以内 レーザーで刻印します。
ひらがな、カタカナ、漢字は対応しておりませんのでご了承願います。
数量:

詳細

ブレード材 : ATS-34  ハンドル材 : マイカルタ
全長.: 295mm ブレード材: 183mm 刃厚:2.5mm
重量 : 170g

よくある質問集

(Q)ブレード材「VG-1」と「VG-10」の違いについて、教えて下さい。


(A)ブレード材VG-1、VG-10の比較ですが、専門的になりますと , これらはステンレス鋼刃物です。どちらも カーボン量、クローム量はほぼ 同等な量ですが、VG-10はコバルトが多く含んでおり、耐磨耗性、耐錆性 にすぐれているのが特徴です。コバルトが多く入る事により、切れ味も良く なり、錆にも強い刃が生まれます。
しかし、VG-1、VG-10とも輸出用刃物に長年多く使われており信頼性は 両方とも有ります。一般的にコバルトが入る事によりVG-10の方が 高級刃物鋼材として使用されることが多くあります。

(Q)包丁の研ぎ方を教えてください。 刃先を見ると片刃に見えるのですが、 通常の両刃と同じ研ぎ方でよろしいですか?

 (A)片方の小刃が大きくなっており、片刃のように見えますが、両刃と同じように研いで下さって良いです。 通常の両刃と同じ研ぎ方でよいと思います。

また、通常の包丁はV字のように左右同じ角度で刃付け をしていますが、この空VG-1は右効き用に使って 頂く様レの様な刃付けをしています。この刃付けは 本職用のように片刃8分から9分、裏側1分くらいの 割で刃付けしてあります。この刃付けの方が食い込み が良いと言われています。研がれる場合は右9分 左1分位の割で研いで下さい。

 また欠かせない物は砥石です。砥石の種類は数え切れない ほどありますので、どれが良いのかお勧めできません。まずは お店に行き砥石を選んでください。一番必要なものはまず荒砥石です。それで刃先をしっかり付けて、最後に仕上げ砥石で バリ取りをしますので仕上げ砥石も必要となります。最初はこの2つの砥石をお店で選んでください。

(Q)普通に、家庭で、ホームセンターで売っているような砥石で砥ぐことは可能ですか?

 (A)空の包丁の鋼材はVG-1で硬度HRC57~58と程よい硬さで、普通の砥石で研いで頂くことは全く 問題ありません。ジー・サカイの包丁の中でATS-34の包丁はHRC59~60と少し硬度が高く、こちらは多少研ぎづらいかも分かりませんが、持ちがとても良いですよ。 いづれにしても空の包丁であれば一般な砥石で研げ ますのでご安心ください。


(Q)包丁の手入れ方法を教えて下さい

 (A)包丁は良い物を使って頂ければ、いつまでも使えますが それはやはり正しいメンテナンスが必要です。使用後は 綺麗に真水で汚れを落した後、水気を拭き取って保管下さい。

簡単に研げる高品質セラミック砥石キット

高品質セラミック砥石キット【切れる刃物に!簡単研ぎ直し】

研ぐのに水や油を必要としません。
棒砥石を専用のキットにセットすることで素人でも一定の角度で研ぐことが可能です。


通常の砥石は角度等初心者には難しいですがこれがあればサッと砥ぎ直しが可能で、小刃を付けることができます。

【小刃とは】
よく切れる刃物を拡大してみてみると、先端にも刃が付いており、のこぎりのようにギザギザになっています。このギザギザが食い込んで対象物をスパッと切ることができるのです。角砥石で砥ぐには技術が要りますが、上記リンク先のセラミック砥石や棒状砥石は素人でも小刃付けが容易にできます。
クッキングATS 三徳包丁

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。